蒙古タンメン中本 辛旨魚介味噌まぜそば

 以前蒙古タンメン中本のカップラーメン版は取り上げましたが、今回はそのまぜそば版である「蒙古タンメン中本 辛旨魚介味噌まぜそば」に出会ったのでこちらの感想を。ちなみにこれもセブンイレブンで売られていました。

 

 作り方は普通のカップ焼きそばの要領で、お湯を捨てたらタレとえび魚粉を入れて出来上がりです。ちなみにこの時点で麺はそこまで赤くならず、もしかしたら控えめかな?と思いつつ実食。

 一口食べた時点では「おっこれは意外といけるか?」と思ったのですがしばらくすると辛さがやってきました。まもなく安心は打ち砕かれたのです(笑)。その後も食べ進めていくと次第に辛さと同時に旨味もやってきて文字通り辛くてうまい味が堪能できました。心なしかすこし甘みもあるような?という。

 すっかり夢中になりつつ一気にいただいてしまいました。個人的な体感ですがカップラーメンの蒙古タンメン中本より辛さは抑えられていたような気がしました。あちらはスープがあるからその関係なのかもしれませんが。辛さを抑えようとしても溶かすスープがないからその辺難しいかもしれませんね。粉チーズとかならいけるか?

 

 遠征した際にはお店で蒙古タンメン中本を食べてみたいので今のうちに慣らしておこう。ところで、こうなったら「ご自宅で蒙古タンメン中本の味が食べられるスープ」とか作るのはいかがでしょうか?