フィガロ兄弟誕生日にブラボーフィガロ!

 本日8月16日は『ファイナルファンタジー6』のキャラ、エドガー・ロニ・フィガロとマッシュ・レネ・フィガロフィガロ兄弟の誕生日ですね。実はキャラで誕生日を認識したのは彼らが初めてでした。また、誕生日が同じキャラではシャニマスの有栖川夏葉、餓狼伝説アンディ・ボガードもいますね。みんなにおめでとう。

 

 発売当時は最初はエドガーがメチャクチャ好きでしたね。剣と魔法の世界が当たり前だったRPGにおいて機械製のボウガンやドリル、チェーンソーで戦うというのは本当に衝撃的でしたし戦闘でも頼りになりましたし。マッシュも必殺技が何回も使ううちに楽しくなってきましたね。格闘ゲームで必殺技が出せないオレにとっては落ち着いて入力すれば技が出るのが画期的だった思い出があります(笑)。

 今では両者選べないくらいに好きなキャラで、好感度が28年間衰えないどころかアップしているっていうのがすごいと思います。

 

 FF6は今年ピクセルリマスター版も出たことで触れる機会がありましたが、今回のプレイを通して改めて好きなキャラになりましたね。昔は何とも思っていなかったけれども今遊んだら心に響いたということも多かったですし。もちろんより一層感動したところも多かったですが。

 エドガーはファルコン号での「そう、俺達にもまだ夢はある。いや、夢を作り出せる!」が今観たら本当に大好きなセリフになりました。苦しい現代において本当に励まされるような気がして…。マッシュは崩壊後ツェンの町で復帰するときの「たとえ、裂けた大地に、挟まれようとも、俺の力でこじ開ける!」のセリフがすごい熱くて…。こちらは自分の力で困難を乗り越える意思を持つよう言われてるようで心打たれました。また、ガウをおめかしイベントでの優しさも素敵でした。

 

 そんな魅力的なキャラを知れて、ここまで夢中になれたというのが本当に幸運なことだったなと。登場から28年…彼らの年齢越えてるじゃないですか!!!

 ブラボーフィガロ