ライブアライブ現代編 勝利とは 最強とは

 さあ、ライブアライブのメインシナリオも現代編と幕末編の残り二つとなりました。

 というわけで選んだのは現代編です。幕末編は最後のお楽しみにしようと思っていました。現代編はオリジナル版で遊んだ時はあまりにも異質で驚いた記憶があります。ラストバトル以外戦闘のないSF編とイベントどころかマップさえもない現代編は対極かと。

 冒頭は高原日勝演じる関智一さんのナレーション。「最強」を目指す果てなき闘いの道が語られました。果たして彼は最強の座を勝ち取れるのか―。関智一さんで格闘家といえば『機動武闘伝Gガンダム』のドモン・カッシュですが狙っていたのかな(笑)。

 イベントもマップ移動もないのにどうするんだって声が聞こえそうですけど、現代編は格闘ゲームよろしく対戦相手を選択する形でバトルに入ります。オリジナル版なんて『ストリートファイター2』まんまでしたし。今回のリメイク版では画面下半分に対戦相手のウィンドウが並び、上半分で高原と対戦者が向かい合う形でした。選択時に対戦相手の名前読み上げるのはスマブラっぽさ。選択画面の曲がノリノリになってました。

 RPGという体裁なのに格闘ゲームのノリを持ち込むというセンスは本当に仰天しました。発売された1994年当時は格闘ゲームが大フィーバーしていた時期でしたからね。『機動武闘伝Gガンダム』『ファイナルファンタジー6』も格闘ゲームのメソッドを盛り込んで話題になったわけですし。そういえば『るろうに剣心』も連載開始した年でしたね、こちらは『サムライスピリッツ』の影響を受けた…いや、受けすぎてあんなことやこんなことになるのですがそれは別の話。

 

 脱線が長くなりました。最初の対戦相手は骨法の達人森部生士。声が秋元羊介さんなんですが……はい、東方不敗マスター・アジアですね。ポプテピピックでもありましたねこの組み合わせ(笑)。現代編は対戦相手の技を受けて覚えるというFFの青魔道士のラーニングのようなシステムがあるのでそれをフルに生かして戦います。そして戦闘曲はトランペット?の音がかっこよくなってる。

 最初あびせ蹴りを覚えたので次は痛打を覚えなければならないのですがなかなか使ってこなかったので大変。気合いだめで回復すれば十分リカバリー可能でしたが。痛打は強力なデバフなので使われ続けることに。

 

 二戦目は関節技を操る軍人トゥーラ・ハン。国籍はロシアで声は大塚芳忠さんってアルゴ・ガルスキーチボデー・クロケットとか盛り過ぎや(笑)。見た目はガイルっぽいけど。アームロックはあっさりで二つ目のクロスヒールホールドはなかなか使ってくれず。ちなみに森部は道場っぽいところで対決するんですが他の対戦者はギャラリーが観戦しています。

 

 三戦目はルチャリブレのヒールと事項して名高いグレート・エイジャ。対戦前に放送禁止用語使って笑いました。こちらはかの有名なワタナベイベントが起こるんですが…これはワタナベが悪いね。フランケン・シュタイナーもトルネードプレスも早めに使ってくれたので特筆事項はなし。

 

 四戦目はムエタイの名人ナム・キャットに。…ユン、転生したのでしょうか(声だけです)。パンチャマキックはすぐ使ってくれたけどスパイラルニーは思ったより使わず。気合いだめで回復しながら粘りました。蹴りには蹴りでということであびせ蹴りメインにしました。

 

 五戦目はプロレスラーにしてハリウッド大スターのマックス・モーガンジャーマンスープレックスでマヒさせられた時は敗北を覚悟するほどでした。しかも攻撃力高いですし。大慌てで離れてから回復して次のマックスボンバー覚えて勝利しました。

 高原日勝、イチバーン!モーガン、ニバーン!

 

 六戦目はハワイ出身の元力士ジャッキー・イヤウケア。アロハリテってネーミングセンス良すぎる(笑)。鬼不動返し覚えたので隠し技の大激怒岩盤割り習得に挑戦してみることにしました。痛打でデバフしてからアームロックで腕技封じして使ってくるのを待ちました。食らって覚えたのですぐに回復してから撃破しました。

 こうして見ると痛打で弱らせて離れたり、覚えたい技を使ってもらうために周りをウロウロしてみたり、ピンチになったら離れてチマチマ回復したりとしょっぱい試合ばかりしていたのにブーイング一つ飛ばさないなんて現代編の観客はおおらかな人ばかりですな。オルステッドに手のひらを返した中世編の民衆とは大違いだ(笑)。

 

 クリアと思ったら現れたのは破戒僧オディ・オブライト!なんと対戦者を倒した上でその命を奪ったという衝撃の告白が。彼にとっての勝利とは相手のすべてを否定することという悪者にありがちな思想。

 怒りに燃える高原との死闘が始まりますが「MEGALOMANIA」が流れるタイミングがゴングのようで熱いです。功夫編でも同じようなこと書いた気が…?

 今までに身につけたライバルたちの技を一通り使ったうえでトドメは大激怒岩盤割りでした。初期習得してる自分の技の方がよかった気もするけど。

 

 エピローグでは「最強」となった高原のもとに新たな挑戦者が現れるという終わり方。エンディングで対戦者たちが流れるのも含めてこれまた格闘ゲームをオマージュしたようなエンドでした。

 現代編で一番使った技は気合いだめかもしれない?